高気密・高断熱住宅とは?

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

ひなたハウスの「家づくりコラム」

第5回目のテーマは「高気密・高断熱住宅」についてです。

 

皆さまも一度は「高気密」「高断熱」などのフレーズを

聞いた事があるのではないでしょうか?

今回は高気密・高断熱住宅のメリットや注意するべき点、

また高気密・高断熱住宅でのエアコンを使用する際の

ポイントなどもご紹介していきます。

 

 

高気密とは

 

 

高気密とは、外部との隙間が少ない気密性の高い状態のことです。

家の壁や天井、屋根など外部との小さな隙間を、

精度の高い建築素材や防湿シート、断熱材、気密テープなどでしっかりと塞ぎ、

外気の侵入を防ぐことにより室内の気密性を高めることができます。

 

高断熱とは

 

 

高断熱とは、外壁と内壁の間に断熱材を用いたり

断熱性の高い窓を採用し、断熱性能を高めることです。

夏は外から熱が入ってくるのを防ぎ、

冬は部屋の熱が出ていくのを防ぐことにより、

夏は涼しく冬は暖かい快適な室内空間を生み出すことができます。

 

高気密・高断熱住宅のメリット

 

 

1.外の暑さや寒さの影響を受けにくくなる

暑さや寒さなど部屋の外の影響を受けにくいことにより

冷暖房が効率よく室内に効くようになるため

毎月の冷暖房費用を抑えることもできます。

 

2.防音効果が高い

高気密・高断熱住宅は隙間から音が漏れず、

断熱材も音を吸収してくれるため遮音性に優れています。

外の音が気にならなくなるのはもちろんのこと

室内の話し声や生活音などが外に漏れにくくなります。

 

3.ヒートショックになるリスクが軽減される

ヒートショックとは、急激な温度の変化により身体がダメージを受けることです。

皆さまも暖房が効いた暖かいリビングから寒い脱衣所に移動すると

思わず身体が震えてしまうことはないでしょうか?

家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで

失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、

身体へ悪影響を及ぼすことがあります。

高気密・高断熱住宅は部屋ごとの温度差が少なくなるので

ヒートショックになるリスクを減らすことができます。

 

高気密・高断熱住宅の注意点

 

 

1.建築コストが高くなる

高気密・高断熱住宅は、優れた断熱材を使うことや

精度の高い施工をすることで建築コストが高くなります。

その代わりに、今後暮らしていく上での

ランニングコスト(電気代など)に関しては

抑えることができるのでその点も含めて検討してみましょう。

 

2.換気を適切に行わなければならない

高気密・高断熱住宅は適切な換気が行われていなければ、

快適空間は実現できません。

空気が部屋の中にこもってしまうと室内空気が汚染され

シックハウス症候群になるリスクが高まってしまいます。

このリスクを回避するために24時間換気するシステムの設置が

義務化されているので意図的にシステムを停止しなければ

問題はありません。

 

高気密・高断熱の家でのエアコンについて

 

 

1.エアコンは1台あれば大丈夫?

高気密・高断熱住宅はエアコン1台で

1年中快適に過ごすことができるというのをよく聞きます。

しかし、それには条件が2つあります。

①部屋が仕切られず空気が繋がっており、

 暖房用であれば1階に、冷房用であれば2階についていること。

②家全体に空気を送る設備があること。

この2つの条件が揃っていればエアコン1台でも

1年中快適に過ごすことができます。

しかし、エアコン1台で家中を快適空間にしようとすると

 

室内の温度にムラが発生し、部屋中が快適になるとは言えません。

無理して1台にするのではなく、

2台にして熱源を分散させた方が

家の温度が安定し一定の温度にすることができます。

 

2.エアコンの使用方法は?
高気密・高断熱住宅はエアコンに極力頼らず

快適に暮らすことのできる住宅です。

そのため夏も冬もエアコンの設定温度を抑えることができます。

設定温度を抑えながら24時間運転させておくのが

一番効率のいいエアコンの使い方になります。

エアコンの設定温度は1℃変えるだけでも

電気代が大きく変わってきます。

エアコンは電源を入れてから

設定温度になるまでが一番電力を使います。

高気密・高断熱住宅なら一般住宅に比べて

設定温度を抑え24時間運転させておくことで

電気代の節約をすることができます。

 

まとめ

高気密・高断熱住宅にすることで得られるメリットは

とてもたくさんあります。

その一方で注意しなければならない点や

総合的に判断しなければならないこともあります。

自分達が暮らす空間を快適なものにするために

必要な設備かどうかを見極め

皆さまの家づくりに役立てていただけたらと思います。