コンテンツ

パッシブデザイン住宅

パッシブデザイン住宅

高品質でありながら、おしゃれで合理的な家。

DESIGNだけではなく、強さと省エネのこだわりが特徴です。

 

 

 

機械に頼らず太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。

自然の光や風を上手く活用し、室内環境を「冬あたたかく、夏涼しい」にするため電気やガスの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。建物そのものが快適性を生み出すのです。

省エネは工法や断熱だけでなく、設計手法も重要です。断熱仕様だけを上げた家づくりを行った結果、夏暑い家になってしまったという事例が全国各地で出ているのをご存知でしょうか?本当の省エネ住宅を造るのであれば断熱だけではいけません。以下の9項目をパッシブデザインの設計手法により、クリアした家造りを行うことが、「本当の省エネ住宅」をつくることになります。

断熱・気密工事

断熱・気密工事

日射遮蔽・日射取得

日射遮蔽・日射取得

自然風利用

自然風利用

昼光利用

昼光利用

日照熱利用暖房

(蓄熱利用・パッシブソーラー)

日照熱利用暖房  (蓄熱利用・パッシブソーラー)

これからしっかりと計算やシミュレーションに基づいた根拠のある、より現実との差がなく成功率の高い”快適で心地よい本当の省エネ住宅”を目指しています。

 

温熱計算

温熱計算

1次消費エネルギー

1次消費エネルギー

光熱費シミュレーション

光熱費シミュレーション

日照3Dシミュレーション

日照3Dシミュレーション

通風計画

通風計画