コンテンツ

エア断が効果的な理由

①断熱性の高い物質、空気

各種建材の熱伝導率

各種建材の熱伝導率

グラスウールや発泡ウレタン、スチレンボードなどの断熱材は、物質の間に大量の空気を抱え込むことで高い断熱性を持たせています。この原理と、さらに左の図から、空気の断熱性能の高さがお分かりいただけると思います。

通気層に空気を対流させる事で、断熱材外側に空気の断熱層がプラス。
この断熱層が熱を遮断します。
その遮断力はまさに劇的!

➁断熱材の劣化が起こりづらい

一般的な住宅では、下記の仕組みによって、必ずと言って言いほど壁内結露が発生しています。
その結露が断熱性能の低下を引き起こし、快適に過ごしづらい家になってしますのです。

壁内結露の仕組み

壁内結露の仕組み

日光によって暖められた外壁と、涼しい室内との温度差によって、断熱材が内部結露します。

壁内の断熱材の結露

壁内の断熱材の結露01
壁内の断熱材の結露02
壁内の断熱材の結露03

通一般的な住宅の壁内では、このような壁内結露が起こっています。
こうなってしまうと、本来の断熱性能は期待できません。

結露の影響は外壁にも・・・

カビの怖さ

カビの怖さ

こちらの写真は外壁の汚れでしょうか?実は結露によるカビなんです。
カビは見た目が悪くなるだけでなく、悪臭や病気の原因にもなります。
日光により外壁が急激に暖められ、しかし、室内側は冷たい・・・そこに結露が発生します。
夏、冬、同じ状況で結露が発生。壁一面にカビが発生したり、壁の中に結露が発生したり・・・。
しかし、空気を対流させる事で結露の発生を抑え、建物環境を整えます。

通エア断では、センサーが常に温度・湿度を測定し、
調整することで壁内結露を起こりにくくします。

その結果、断熱材の劣化が抑えられ、断熱材本来の性能が長持ちします。