なぜ?私たちはローンが組めないの?

なぜ?私たちは住宅ローンが組めないの!?

 
 
 
私たちはローンが組めないの?
私たちでもローンは組めるの?
 
 
 
 
なぜ?私たちは住宅ローンが組めないの!?

最近このようなご相談が、当社の「資金セミナー」で増えてきました。
残念ながら、様々な原因で住宅ローンが組めず、家づくりを諦めてしまっている方が非常に多いのが現実です。

実は住宅ローンが組めない方には以下の原因が考えられます。

 

その原因、ひなたハウスには解決策があります!

 

 

住宅ローンが組めない10の原因

❶年収が300万円以下

1.年収が300万円以下

住宅ローンを組む上で1番最初に重要視されるのが「年収」です。
しかし、年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?

❷自己資金が少ない、またはゼロ

2.自己資金が少ない、またはゼロ

住宅ローンを組む際に「自己資金が少ないとダメだ。」「ゼロだったら絶対に住宅ローンなんて組めない!」と思われている方が非常に多いですが・・・

❸車のローンの残債がある

3.車のローンの残債がある

車を購入する際の支払いは、ローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年~5年が多いようです。車のローンの残債があると組めない可能性が高くなりますが・・・

❹サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある

4.サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある

サラ金やキャッシングの利用者人口は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。利用者の年齢も30代40代が多く、家づくりされる多くの方が該当しますが・・・

❺クレジットカードの支払いが遅れた事がある

5.クレジットカードの支払いが遅れた事がある

買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われていますが、銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンは難しくなりますが・・・

❻債務整理をした事がある

6.債務整理をした事がある

過払い金返還請求の事で、最近テレビやラジオのCMで弁護士事務所などが行っているサービスです。この債務整理をした事がある場合、住宅ローンを組む上で支障をきたす場合がありますが・・・

❼家族の借金を肩代わりしている

7.家族の借金を肩代わりしている

家族の借金を肩代わりしている場合、住宅ローンを組むのはなかなか難しいですが・・・

❽すでに住宅ローンを組んでいる

8.すでに住宅ローンを組んでいる

中古の一戸建を住宅ローンを組んで購入した後で、「やっぱ新築にすればよかった・・。」というケースは少なくありません。通常の場合、「現在の住宅ローンを完済してから」ですが・・・

❾契約社員の場合

9.契約社員の場合

現在は雇用形態に「契約社員」というものがあり、この数も年々増加しています。
しかし、このような方は住宅ローンが組めないのでしょうか?

❿自営業を営んでいる

10.自営業を営んでいる

自営業の場合、開業年数や売り上げなどに関係なく、住宅ローンを組むのが大変難しいのが通例ですが・・・

 

 

 

この中に当てはまる人は、家づくりを諦めなければいけないのでしょうか??

 

 

 

 

そんなことはありません。

ひなたハウスが丁寧に分かりやすくご案内します!

 

「私はローンが組めるのかな?」

と思われる方は、お気軽にお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナーによる お金の相談窓口

 

 

ライフシーンが変化していく中、長期にわたる住宅ローンを支払っていくことが不安な方も多いと思います。

そこで大事なのは、自分たちの家計の流れを把握し、将来のことを家族みんなで考えておくことです。

 

 

 

 ママが将来、パートで働くとしたら?
 子どもの教育資金、どうやって貯めたらいいの?
 我が家は貯蓄体質!?~改善点を見つけよう!~
 固定費の見直し、どうやったらいいの?

 

 

など、お金にまつわる不安を解消できるよう、ご相談窓口を設けております。ファイナンシャルプランナーによる家計診断を受けてみませんか?

 

 

 

三木 理恵 - Miki Rie

                                                                                             【資格】

・2級ファイナンシャル・ブランニング技能士

・住宅ローンアドバイザー

・損害保険プランナー

・ライフ・コンサルト

                                                                                             

 

プロのアドバイスを受けながら、ご家族の将来像を見つめ直すよいタイミングです。どうぞお気軽にご相談ください。