床組み

最近Vシネマにハマってる

ひなたハウスの工務担当 瀬尾です。

 

基礎工事が終わると、棟上げまでに

1階の床組みを行いますが、この作業

がかなり重要なんです。

 

大工さんがさしがねや墨壺を使いなが

ら建物の直角を出します。

そこへ土台や大引を組んで床を造って

いきます。

 

 

水平を見ながら、床の高さを調整した

ら、次は検査を受けます。

土台の締め付けは良いか、鍵はちゃん

と打っているかなど厳しい検査を受け

た後は、断熱材を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材の隙間を気密テープで塞いだら

床合板を留めれば完成です。

 

後は上棟日に雨が降らないことを祈る

だけです。