配筋検査

こんにちは。

最近休みの日でも

思う存分寝れなくなってきた

年頃の

ひなたハウスの工務担当

宮本です。

 

今回は基礎の配筋の時の

検査について話していこうと

思います。

 

配筋検査は数ある検査の

第1回目となる検査です。

 

スペーサーが一定の距離に

置かれているかや、

鉄筋の定着が足りているか、

ちゃんとひとつ飛ばしごとに

結束されているかなど、

様々なものをチェックして

いきます。

 

 

指摘されたものを

きちんとすぐに対処しておかないと、

コンクリートを打つと

手遅れになってしまいます。

 

まだまだ細かい項目があり

パーフェクトは難しいですが、

なるべく是正の出ないよう、

作業してくれる職人さんには

感謝です。