福山市御幸町モデルルーム

ひなたハウスのモデルルーム第2弾はアレルギーのお子様をもつ母の声から生まれた『やすら木の家』。この家の特徴として、ビニールクロスを使わない天然の素材100%の家。床は無垢材、壁にはヘルシーカラーと、訳あって水まわりには琉球サンゴの塗り壁材を選びました。各居室のクロゼット内には布クロスを使用することで、有害物質の発生が無く、適した調湿と空調を保ちます。自然素材の持つ、本来の呼吸する力を利用し、珊瑚の塗り壁は湿気を無くし、揮発性有害物質の吸着・マイナスイオン発生の効果で家中どこにいても思わず深呼吸したくなる、そんなお家が完成しました。もちろん、見た目もオシャレで大人の雰囲気の主寝室や遊び心も取り入れたキッズコーナー。ママコーナーでは1日を通してもっとママにくつろぎの時間をあげたい…。お母さんに選ばれるNO1の家。