中庭のある家づくり~コートハウス~

 

 

 

 

皆さまこんにちは!

ひなたハウス、2021年から新しく

「家づくりコラム」を始めていきます。

月に1回、家づくりに役立つちょっとした情報などを

皆さまにお伝えしていけたらと思います(^^)

 

第1回目のテーマは「中庭のある家づくり」についてです。

 

中庭とは建物や堀などで囲まれた庭のことで、

中庭のある家は「コートハウス」とも呼ばれています。

『戸建て(注文住宅)を建てるなら庭付きがいい!』

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は中庭のある家の魅力や注意点をご紹介します。

 

 

中庭の魅力

 

 

1.光と風を取り入れやすい

中庭は、光を多く取り入れやすく家全体を明るくしてくれます。

また、周囲が建物で囲まれた立地でも窓をあければ

心地よい風を取り込むことができるだけでなく、

道路に面した窓に比べ、防犯面を気にせず通気することができます。

 

2.趣味スペースとして活用

バーベキュー、ガーデニング、日曜大工など

自宅に居ながら趣味を楽しむスペースにもなります。

ウッドデッキを敷いて、第二のリビングしたり

机や椅子などを置いてワークスペースやカフェスペースに利用するなど

何通りもの使い道がみえてきます。

 

 

中庭の注意点

 

 

1.建築コストがかかる

中庭は一般的にコの字型とロの字型があります。

そうすると建物の形状がやや複雑になるため

柱や壁などの構造も複雑になります。

どのような形状がよいか相談しながら

シミュレーションをすることが重要です。

 

2.間取りが制限される

中庭を設けるとその分居住スペースが制限され、

部屋数が少なくなったりします。

快適な居住空間を確保しながら、

中庭を配置するバランスが重要です。

 

 

まとめ

中庭のある家は十分な風と光を確保しながらも、

プライバシーを確保した家づくりができるため

魅力的な選択肢である反面、

快適な中庭のある暮らしを実現するには、

建築費も余裕をみておく必要があります。

 

快適な居住スペースを確保しながら、

心地よい風と光を取り込める中庭のある家づくりを

皆さまも参考にしてみてください。