家づくりのこだわりポイント~内装デザイン~

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

ひなたハウスの「家づくりコラム」

第2回目のテーマは「内装デザイン」についてです。

 

新築を建てるなら、内装にはこだわりたい!

家の印象を大きく左右する内装は、

デザインのテイストも好みも様々です。

また、デザインだけでなく

暮らしやすい住宅かどうかも

重要なポイントです。

 

今回は、内装デザインのテイストには

どんなものがあるのか

デザインを決める上での

知っておきたいポイントを

いくつかご紹介していきます。

 

 

テイストの種類

 

注文住宅の内装には色々なテイストがあります。

今回は中でも人気の3つのテイストをご紹介します。

それぞれのテイストの特徴をチェックしていきましょう。

 

1.ナチュラル

 

流行に左右されない、自然のぬくもりを感じさせるテイストです。

シンプルでありながらも可愛らしく、落ちついた雰囲気です。

 

2.和モダン

 

和のテイストを加えることで、落ち着きのある居心地の良い空間を

作り出すことができるテイストです。

 

3.スタイリッシュ

 

インテリアに金属やガラス、石などの素材を使い

直線的でスマートな印象のテイストです。

 

 

壁材の種類

 

壁材の種類はとても多く、様々なイメージを実現することができます。

その中でも代表的な4つの壁材をご紹介します。

 

1.クロス

クロスは壁材の中でもっとも安く、扱いやすいため工期も短いのが特徴です。

ポリ塩化ビニールで作られたビニールクロスは加工がしやすく、

花柄や木目調などデザインが豊富なので

自分の好みのデザインを見つけることができます。

 

2.塗り壁

塗り壁は調湿性や防火性、防音性に優れており、種類も豊富で

さまざまな質感を楽しむことができるのが特徴です。

 

3.木材

木材の内壁は、大きく無垢材と合板に分けられ

どちらも美しい木目が楽しめます。

他の内装材に比べてナチュラルなテイストに

仕上げやすいのも特徴です。

 

4.タイル

他の壁材にはない高い防水性と高耐久性が特徴です。

陶磁器製のものが一般的で、ツヤツヤとした光沢のある質感は

見ていて飽きることがありません。

 

 

床材の種類

 

 

おしゃれな空間作りで重要なポイントとなるのが床材選びです。

フローリングは部屋の中でも広い面積を占める部分になります。

たくさんの種類の中から4つご紹介します。

 

1.無垢材フローリング

ナチュラルな素材で肌触りがよく、

木の調湿効果で居心地のいい空間にしてくれます。

また、時間が経過するほど味が出てくるので

長く使うことができます。

 

2.複合フローリング

現在の主流でもあり、素材がとても安定していて

選択肢も多いのが特徴です。

板を合わせて作るので、様々な加工ができ、

機能性を持った床材もあります。

 

3.クッションフロア

価格が安く、お手入れがしやすいのが特徴です。

消音効果やクッション性もあるので、お子様がいらっしゃる家には

とてもオススメです。

 

4.石材

石材には大理石や御影石などの種類があります。

見た目に高級感があり

玄関の床やキッチン、洗面台など水回りに

使用されていることが多い床材です。

 

まとめ

 

 

壁材と床材の組み合わせ次第で

何通りものテイストを作り出すことができます。

まずは自分がどんなテイストが好みなのかを考え

統一感を出すことでもっとおしゃれ感がUPします。