こだわりのリビングを創る

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

ひなたハウスの「家づくりコラム」

第7回目のテーマは「リビング」についてです。

 

リビングは家族みんなが

食事をしたり団欒をしたりと

多くの時間を過ごす空間です。

そんなリビングだからこそ

快適かつおしゃれな空間に

したいですよね。

 

今回は人気リビングの間取りや

リビングに取り入れたいポイントなどを

ご紹介していきます。

 

 

人気リビングの間取り5選

 

1.リビング階段

 

リビング内に設けられたリビング階段

家族とのコミュニケーションが取りやすく

人気の間取りとなってます。

リビング全体を広く見せることができ

おしゃれなリビングになります。

 

ただ、1階の匂いや音が2階に漏れやすいなど

注意しなければならない点もあります。

 

 

2.和室スペース

 

リビング横の和室スペースは

一体化させることで

1つの空間として使用することもでき、

扉を閉めておけば個室としても使用できます。

また、小上がりの和室にすることで

家事の合間に腰掛けることが出来たり

小上がりスペースの下に収納を設けることで

デッドスペースを有効活用することができます。

 

お子さまの遊び場や

来客時の客間など

使い方は無限大の和室スペースを

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

3.ワークスペース

 

コロナ禍で在宅ワークをする機会が増えた今、

リビングの一角にワークスペースを

設ける方が増えています。

また、仕事をするスペースだけでなく

お子さまが宿題をしたり読書をしたりと

キッチンに居るママの目が届くところに

設置される方もいらっしゃいます。

 

このご時世だからこそ

家の中でも快適に

仕事ができる空間は大切です。

 

 

4.中庭

 

室内に心地の良い風を通すことができ

日の光を取り込むことのできる中庭は

リビングを広く見せることができ

プライバシーを確保しながら

安心して暮らすことができます。

 

例えば、お子様の遊び場にも

家族みんなが集まる第二のリビングとしても

何通りもの使い方ができます。

 

 

5.オープンキッチン

 

リビングに居る家族と

コミュニケーションを取りながら

家事を行うことができる

オープンキッチンはとても人気です。

 

リビングをおしゃれ空間にできるのはもちろん

食事の支度や片付けを楽に行うことができる点など

ママにとても嬉しいポイントがたくさんあります。

 

 

リビングを開放的にする方法

 

やはり皆さん広いリビングには

憧れがあると思います。

しかし、土地や予算によっても様々ですが

限られたスペースでどれだけ

開放感を生み出すかが重要です。

 

ここからはリビングに開放感を出す方法を

いくつかご紹介していきます。

 

1.吹き抜け

 

開放感を出すなら吹き抜けは欠かせません。

天井が高いので空間が広くなりますし

自然光を2階の窓から取り込むことができ

家全体を明るくすることができます。

 

吹き抜けについては

前回の家づくりコラムで

詳しくご紹介しておりますので

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

家づくりコラム第3回「吹き抜けのある家」

 

 

2.勾配天井

 

天井に勾配を付けることで

空間を広く見せることができます。

平屋で採用されることも多く

勾配部にロフトなどを設け

収納スペースを確保される方もいらっしゃいます。

 

 

3.梁見せ天井

 

数十センチ高くなる梁見せ天井は

実際より空間を広く見せることができます。

 

また、広く見せる効果だけでなく

カフェ風の可愛い空間にも

古民家風のビンテージ感出すこともでき

おしゃれさがグッとUPします。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

家族と過ごす時間が多いリビングは

やはり家づくりでもこだわりたいポイントの1つです。

皆さまも理想のリビングを見つけて

ぜひ家づくりに役立ててください。