面材

こんにちは。

もう汗をかき始めてきた

ひなたハウスの工務担当

宮本です。

 

今日は上棟のときに打つ

面材について話していこうと

思います。

 

面材に打つ釘にも

検査では色々注意点があり、

面材の種類によって

釘の種類も変えないと

いけないし、

面材の隅に打ちすぎても

強度が落ちるのでいけないです。

 

一番大切なのが

ピッチを正確にしなければならない

ところです。

耐力壁や、耐力壁でないところなど

場所によってピッチが違います。

大工さんは

素早く、正確に打っていかなければ

なりません。

上棟のとき、見学してみると

ものすごく早く打っているのに

一つ一つが正確なピッチで

打たれています。

さすがです。

 

 

打つ埋込みの深さまで

検査ではチェックされます。

 

このチェックを得て、

強度のある壁ができるのです。