吹き抜けのある家

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

ひなたハウスの「家づくりコラム」

第3回目のテーマは「吹き抜け」についてです。

 

家の中を明るく開放的にしてくれる「吹き抜け」。

注文住宅を考えられている方の中にも

憧れている方が多いのではないでしょうか?

しかし、吹き抜けにはどんな良い点があるのか

また吹き抜けを採用する上で注意しなければならない点など

知らない方もいらっしゃると思います。

 

吹き抜けにはメリットもあれば

同じくらい注意しておいた方がいい点もあります。

吹き抜けについてしっかりと理解し、

おしゃれな空間づくりに役立ていきましょう。

 

 

吹き抜けとは?

 

 

吹き抜けとは、下階部分の天井・上階部分の床を設けず

上下の空間をつなげたスペースのことを言います。

主にリビングや玄関、階段スペースに設けられることが多いです。

開放的な広がりを演出することができ、

光を多く取り込めたり、風を通り抜けやすくできるなどの

効果が期待できます。

 

 

吹き抜けのメリット

1.開放感がある空間になる

 

 

吹き抜けの最大のメリットは、

開放感のある空間を生み出すことができる点です。

 

吹き抜けのある部屋で上を見上げると

2階の天井まで見渡すことができ、視線の抜けがよくなります。

視線の抜けがあることで部屋全体を実際の広さよりも、

開放的で広くみせる効果が期待できます。

 

 

2.光を取り込み明るい部屋になる

 

 

吹き抜けのある家は、2階部分に窓を設置することが多いです。

高めの窓から光を取り込むことで

自然と部屋の中が明るくなります。

また、2階の窓からの光は部屋の奥の方まで届くため、

部屋全体を明るくすることができます。

 

 

 

3.家族を近くに感じることができる

 

 

1階と2階がつながっているため

どこにいても家族の気配を感じることができ

コミュニケーションがとりやすくなります。

1階から2階にいる家族に声をかける時も

わざわざ階段を上がる必要がなくなり

どの場所からでもコミュニケーションが取れます。

 

また、2階吹き抜けスペースにカウンターや椅子を設けることで

お子さまのスタディースペースや

パパ・ママの読書スペースにもなり

家族みんなで使える共有スペースとして活用することができます。

 

 

4.デザイン性の高いおしゃれ空間になる

 

 

何と言っても、やはり吹き抜けをつくることで

部屋がおしゃれ空間になります。

 

空間を広々と自由に使うことができるため、

天井からおしゃれな照明を吊るしたり、

その空間に適した家具を配置することで

自分好みに仕上げることができます。

 

また天井にシーリングファンを設置することにより、

おしゃれかつ部屋の空気を循環させることが出来るので

快適に過ごす家づくりが期待できます。

 

 

吹き抜けで注意したい点

1.2階のスペースが少なくなる

 

 

吹き抜けにすることで、2階の床が少なくなります。

そうすると自然と2階のスペースが少なくなってしまいます。

また、間取りによっては部屋の数や収納スペースなどが

少なくなってしまう場合もあります。

 

吹き抜けを検討されている場合は

部屋数がどれくらいになるのか、

収納スペースはどのくらい必要なのかを

しっかり確認することが大切です。

 

 

2.掃除・メンテナンスが大変

 

 

吹き抜けのある家は、掃除・メンテナンスが大変という注意点があります。

2階部分の窓は高い位置にあるため

掃除をするには高所用の掃除器具を用意するか、

足場を組むか、もしくは専門の業者にお願いする必要があります。

シーリングファンを設置している場合も同様です。

 

また、天井部分の照明を取り換える時にも

同じく足場を組むか業者の方に取り換えをお願いするなど

吹き抜けを採用する時にはそこも一緒に考えてみましょう。

 

 

3.音・ニオイが伝わりやすい

 

 

吹き抜けのメリットで家族を近くに感じることができるとお伝えしましたが。

その反面、生活音が気になるという注意点もあります。

掃除の音が聞こえたり、リビングでの話し声が

2階の部屋まで聞こえたりなど

プライベート空間を十分に確保するのは

吹き抜けのない家に比べると難しくなります。

 

また、音と同じくニオイも届きやすくなります。

特にキッチンからリビングダイニングに続く間取りだと

料理のニオイが2階にまであがりやすくなるので

音やニオイに敏感な方は特に注意が必要です。

 

 

 

4.光熱費が高くなりやすい

 

 

吹き抜けのある部屋は天井が高くなっているので

空間が広くなる分、冷暖房の効きが悪くなり

光熱費が高くなる恐れがあります。

 

また、夏場は窓から入ってくる日差しが強く

部屋が暑くなってしまい、

冬場は暖かい空気が上に登ってしまうため

部屋がなかなか温まらないという傾向にあります。

 

そのため部屋を快適な温度にしようと

エアコンを長い間使用することで光熱費が高くなってしまいます。

 

対処法としては、

シーリングファンが設置してあれば

下向きに送風することで涼しさを感じられます。

また、日差しはシェード(ハニカムシェードなど)を利用するなどして、

ある程度防ぐことも出来ます。

冬場は床暖房を設置したり、

シーリングファンやサーキュレーターなどを使い

あたたかい空気を循環させたりする方法があります。

 

 

まとめ

吹き抜けにはメリットがたくさんありますが

注意しなけらばならない点もあります。

注意しなければならない部分も

対策をすれば開放的で明るい空間を手に入れることができますので

吹き抜けを検討されるときは

そこも合わせて考えてみてください。